【単項式と多項式】乗法と除法が混ざった問題の解法

数学13

中学2年生の計算問題で、最初に苦戦するのが、

乗法と除法が混ざった問題」

である。

これを攻略できないと、今後の計算を正確に解くことは難しくなる。

今回は乗除混合計算についてご紹介する。

 



 

除法は必ず「乗法」になおす

 

4y÷3y×5y、という式があるとする。

このとき、÷を「×」になおして、3yを「逆数」にして計算すればよい。

 


 

という計算をすればよい。



他にも、


 

という計算があったら、÷を「×」に変えて、

 


 

を逆数にすればいいので、

 


 

という答えになる。

 

このように乗法と除法が混ざっていても、

 

「÷を×になおして、÷のうしろにあった数を逆数にして計算する」

 

という方法さえ分かっていればどんな問題でも解答が可能である。



 

 

2つの注意点

 

乗法と除法の問題を解く上で、

除法を乗法になおして逆数をかける以外に2つの注意点が存在する。

 

一つ目が、「-」の対処法である。

「-」は偶数個かかっている場合は「+」奇数個かかっている場合は「-」の符号を

計算結果につける必要がある。

 

例えば、(-2)×(-2x)=4x、となるが、

(-2)×(3x)×(4y)=-24xy、となる。

 

ここを気をつけておかないと、せっかく数字があっているのに符号が違うせいで間違い!

という場合が往々にしてあるので注意しよう!

 

二つ目は計算の順序である。

基本的には、以下の流れで乗法と除法が混ざった計算は解けばよい。

 



 


 

から計算をする。



②÷を×になおして、÷のうしろにあった数を逆数にする

 

③すべてをかけ算する。

 

この3点を守って計算していけば問題ない。

 

※加法と減法が混ざった計算の場合、

①~③の計算が終わってから、加法減法を行う。

 

以上の注意点を守れば、

 


 

という問題も解けるようになるので、しっかりと覚えておこう!

 

 

 

いかがだっただろうか?

今回ご紹介したことは非常に重要な事なので、忘れずに覚えておこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

【単項式と多項式】乗法と除法が混ざった問題の解法” への7件のコメント

  1. 匿名 より:

    ものすごく勉強になりました
    ありがとうございました!!

    • 牧野史浩 より:

      お役にたててよかったです!
      今後ともよろしくお願いしますね!

  2. 数学大好き人間 より:

    宿題の問題が解けなくて困ってました。これのおかげでやり方がわかりました!ありがとうございます

    • 牧野史浩 より:

      >数学大好き人間さん
      解法を理解されたようで何よりです^^
      お役に立ててよかったです!

  3. 匿名 より:

    よくわかりました。ありがとうございました。😍

    • 牧野史浩 より:

      >匿名さん
      こちらこそご覧いただきありがとうございます!
      今後も何かありましたら当方のサイトを役立ててくださいね♪

  4. まなか より:

    分かりやすかったです!!
    ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。