【比例】中1で学ぶ座標平面の意味と座標の表し方の基本とは?

sugaku265

今回は中学1年生で初めて学習する

座標平面

について解説していく。

なんだか難しそうだ・・・と思うかもしれないがものすごく単純で分かりやすい。

変な先入観を持たずに学んでいってほしい!

 

 


座標平面とは?

座標平面とは簡単にいうと、以下のような図のようなものを言う。

zahyou



横の直線をx軸縦の直線をy軸という。

x軸とy軸あわせて座標軸というが、このような座標軸で出来る平面

座標平面という。

x軸とy軸が交わっているところ原点といい、

Oを使って表す。

また、2つの直線が交わっている点を交点というので、

原点O交点Oと表すこともできる。(原点は原点Oというのが普通!)

 

なんだが言葉で書くと難しそうだが、

 

・x軸とy軸がある!

・原点をOという!

 

この2点だけとりあえず覚えておけば問題ない。

 

座標の表し方は?

次に座標の表し方を考えよう。

 

例えば下の図で、Aの座標を表せ、という問題があったとする。

 

zahyou2

まず座標の表し方の基本だが、

(x座標 ,  y座標)

という形で表す。

 



 

次にx座標やy座標の表し方だが、

原点Oを(0 , 0 ) と表す。

ここを基準に

 

x軸やy軸方向にどれだけ動いているか?

 

を考えていけばよい。

 

x軸だが、原点を境に下の図のようなイメージになる。

zahyou3

原点を境に右側が+で左側が-と覚えておけばよい。

 

次にy軸のイメージはこうなる。

zahyou4

y軸は上に原点を境に、上へ行けば+で、下に行けば-と覚えておこう。

 



 

これらを覚えた上で下の図を見ていよう。

zahyou2

求めたいAの点は、

原点を境に右に4つ行って上に2つ行けばたどりつける。

つまり、

『x軸の+の方向に4進んで、y軸の+の方向に2進めばいい』

ということである。

 

x座標はx軸の+の方向に4進んでいれば4と表し、

y座標はy軸の+の方向に2進んでいれば2と表すので、答えは

 

(4,2)

 

となる。

 

どうだっただろうか?

要はどれだけ動いているかが分かればすぐに答えが出るので、

zahyou5

上のBの座標であれば(-4 , 2)となる。

※x軸の-方向に4進み、y軸の+方向に2進めばたどり着くから!

 

どうだっただろうか?

詳しいことはまだ分からなくてもよいので、

イメージだけしっかりとつかんでおこう!

 

次回は座標の問題にどんどん取り組んでいこうと思う。

【比例】中1で学ぶ座標平面の意味と座標の表し方の基本とは?” への6件のコメント

  1. 匿名 より:

    わかりやすいです。

    • 牧野史浩 より:

      >匿名さん

      ありがとうございます!そういっていただけると嬉しいです!
      比例の分野は中学2年生でも学習する重要分野なので、
      しっかり習得されてくださいね!

  2. 匿名 より:

    読み方 発音が分からない。(2,5)と書き方が分かっても発音がわからない。教えてください。

    • 牧野史浩 より:

      >匿名さん
      にこんまご と読みます。

  3. 山部の赤人 より:

    例えば(3,4)の読み方がわからない。電話でどう伝えるかわからない。教えてください。

    • 牧野史浩 より:

      >山部の赤人さん

      さんこんまよん  と読みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。