【文字式の計算】中一数学で勉強する文字式÷数の除法

数学105

 

今回は中学1年生で学習する、

 

「文字式÷数」

 

の計算方法をご紹介していく。

 

文字式の除法計算は今後、方程式の分野、比例の分野など、

基本的にすべての数学分野で学習する重要な単元となるので確実にマスターしていこう。

 



 

文字式の除法計算の基本ルール



文字式の除法計算であっても、基本的には正負の数で学習した除法の計算方法と変わらず

 

「÷があったら、÷を×に変えて、割り算の後ろの数を逆数にする」

※逆数とは、分子と分母を逆に入れ替えたもの。


 

 

という基本概念を守れば何も問題がない。

※この考えは方程式や比例など、今後必ず使うので絶対に覚えておくこと!

 

なぜなら、

 

「除法の計算は乗法の計算が出来れば計算可能」

 

だからである。

 

例えば、-20a÷5、という計算をするとしよう。

 

÷は×に変えて、÷の後ろの数を逆数にして計算すると、乗法計算とまったく変わらないので、

 


 

という計算が可能となる。

 

 

他にも、

 

-5x÷(-30)

 

という計算があるとする。

 

これも、÷を×に変えて、÷のうしろにある数を逆数にすればいいので

 


 

という解答が出来る。

 

以上のように、



「÷を×に変えて、うしろの数を逆数にする」

 

ことが出来さえすれば、文字式の除法計算も恐れるに足りない。

きっちり理解して、どのような問題が出題されても解答できるようにしよう。

 

 

以下に発展問題を用意しておいたので、

全部解けるようにしておこう。

 

 

発展問題

 

 

次の問題を解け。

 

①-4x÷(-6)

②28x÷(-21)

 

 

 

 

 

 

解答

 

 




 






※分数の形になったら、約分できる場合は必ず約分すること。

約分できるもので約分しなかったら間違いになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。